2016.6.3
Aichi Resident Forum 2016にて、「専門医制度の現状」を紹介。
2016.3.30
当大学の内科後期研修プログラムが申請されました。
2016.1.25
内科運営委員会にて申請の流れの確認がありました。
各内科の指導医の名簿,連携病院の情報を集めることとなりました。
内科学会の申請の締め切りは,3月31日までと記載があります。
2015.12.25
内科研修プログラム申請サイトがオープンになりました。1月末から申請の受付が始まります。
2015.12.17
新内科専門医研修プログラムのモデルプログラムが公表されました。連携病院にあわせて1年間の研修が義務づけされました。日本内科学会モデルプログラム
2015.11.09/16
新内科専門医研修プログラムの説明会を当大学にて行いました。
両日とも約20施設・30-40名の方が参加されました。
2015.10.19
内科運営委員会にて,当大学の関係病院への説明会の方針を話し合われました。
説明会の予定日は,11月9日、16日が候補に挙がりました。
2015.09.15
専門医機構より専門研修プログラム整備基準の公表がありました。
2015.08.17
内科運営委員会にて、研修プログラム作成,連携病院などについて話し合われました。
藤田保健衛生大学病院研修センターと情報交換を行いながら、プログラム作成を行う予定。
2015.07.24
東京フォーラムにて,内科研修の新制度に関して説明がありました。
2015.0629
内科学会東海支部にて,内科研修プログラムに関して話し合われました。
2015.05.07
当大学の新病棟への引っ越しが終了しました。
2015.04.11
日本専門医機構 理事長 池田 康夫 先生講演会が当院にて行われました。
2015.02.23
藤田保健衛生大学 内科系後期研修プログラム Web siteの立ち上げが決まりました。

Information

DSC02053.JPG

新・専門医制度は二段階方式で、初期研修を終えた医師は、まず総合内科や外科、産婦人科、小児科など19の基本領域から1つを選んで研修を受け、専門医資格を取得します。その後、希望者は循環器や呼吸器、消化器病など20前後から選んだサブスペシャリティの専門医を取ることになります。

関係WEB SITELinkIcon

DSC02120.JPG

2015年以降卒業の医師を対象に、卒後5年の研修を踏まえて取得した新・内科専門医を基本領域専門医(一階部分)とし、
内科系subspecialty研修を経て取得した各内科系専門医(二階部分)とによる内科系二段階制を基本骨格とします。
新・内科指導医の医師像は、新・内科専門医の総合的な内科診療能力に加え、教育・啓発・指導・研究に貢献する内科医。措置的移行として、総合内科専門医を新・内科指導医に認定する予定。

関係WEB SITELinkIcon